淡路島由良の地ウニ

DATE: 2019年3月14日

地ウニ始めました‼️

クジラのコロ

DATE: 2019年3月8日

昔懐かしい味のナガスクジラのコロと大阪シロナの煮物です❗️

フグ白子

DATE: 2019年3月8日

ふぐの白子がうまい❗️

しらさ海老

DATE: 2019年3月7日

sirasaebi-thumb-500x375-105

西日本でよく上がる海老で「よしエビ」と言いう海老です。大阪の料理屋でよく使う海老で、大阪では「しらさえび」と呼びます。

車えびより甘味がありふっくら上品な味わいです。お造り、塩焼、天ぷらと、どのように召し上がっていただいても美味しいです。

年中取れる海老なのですが、これから夏にかけて旬を迎える「しらさえび」は、頭から背中にかけてビッシリと内子を持ってきます。火を通すとオレンジ色になってこれがまた甘みというか旨みを増すのです。

油目(鮎魚女・あいなめ)

DATE: 2019年3月7日


あぶらめ木の芽焼.jpg関西では、アイナメのことを「あぶらめ」とよびます。

淡白な白身ですが、脂肪分が多いので「油目」と呼ぶのではないかといわれます。

特に、春から初夏にかけて丸々と太りとても美味しくなります。

お勧めの召し上がり方は、皮目を炙って「焼霜造り」、照り焼きにして旬の木の芽を散らした「木の芽焼」、もちろん煮付けも・・・。淡白であるけど脂ののった、只今の旬を味わっていただきたいです。

春野菜

DATE: 2019年3月7日

春野菜白和え.jpg

春は、和食を最も楽しませてくれる食材が目白押し、中でもほろ苦い春の野菜は目で楽しみ、食して楽しめ春を感じさせてくれます。

写真は、「春野菜の白和え」。天ぷらにして楽しんでいただいてもよいかな。山菜の苦味は、冬の間からだの中で眠っていた精気を呼び覚ますそうです。

三島うど

DATE: 2019年2月26日


大阪の春を代表する野菜のひとつ三島うどです。

大阪府茨木市千提寺で江戸時代から作られており、栽培方法も昔ながらに稲藁で筵を作り自然発酵させて温度を上げて作られるそうで、かなりの手間隙と勘が必要で現在では1件の農家さんしか作っておられないそうです。

三島うどは、皮が薄くきめ細かで柔らかくみずみずしくて甘味と香りが際立っています。

皮をむいて生のまま召し上がっていただきますと、お口の中で春を感じていただけます。

 

赤貝

DATE: 2019年2月25日

春は貝類が美味しくなってきます。

中でも赤貝は香りが良く色も綺麗でとても繊細で、いい物を選ぶのが難しい貝です。

当店では今は、愛媛産や香川産の色の綺麗で香りの良い物を使っています。

空豆

DATE: 2019年2月25日

 
今が旬の鹿児島県指宿の空豆です。

サヤごと塩湯がきにするだけのシンプルな料理ですが空豆の味が一番良くわかる食べ方です。

シンプルな料理だけに湯がき加減が命です。

 

   

黒メバル

DATE: 2019年2月25日

これから旬を迎えるのが黒メバルです。

淡路や明石産の泳ぎの黒メバルを仕入れています。締めのメバルより割高ですが物が全然違います。王道の煮付けにしても身が弾けて見るから美味しそうです。唐揚げも絶品です❗️

«page 1 of 3

Twitter

Welcome , today is 水曜日, 2019年3月20日