弥生(やよい)

弥生イメージ「たんぽぽ」

旧暦では、二月の梅に続いて三月には桃や桜が 花開くので、花月(かげつ)、桃月(ももつき)、桜月 (さくらつき)、などといいます。 最もポピュラーなのは、弥生(やよい)です。弥は「いよいよ」「ますます」の意味で、「たくさんのもの(植物)が生まれて花盛りになる月」として名付けられました。 また、三月三日は、内裏雛(だいりびな)を飾って祝います。昔の人々はこれを紙で作り、その紙雛に、人々の過去一年にたまった汚れを背負ってもらい、災厄を逃れるという習慣がありましたので、「雛のみそぎをする月」という意味で、禊月(みそぎつき)とも言いました。 三月になると、だんだん暖かくなり眠気を誘うので、「夢見月」とも呼ばれています。

今月の二十四節気と雑説
三日ー雛祭り
六日—啓蟄(けいちつ)
十八日—彼岸
二十一日—春分

今月の草木花
土筆(つくし) 菜の花 沈丁花(じんちょうげ) ふきのとう 蒲公英(たんぽぽ) 馬酔木(あせび) 連翹(れんぎょう) 白木蓮(はくもくれん)

作一の季節便り

雛祭ひなまつり(三月三日)

中国に昔から伝わる話に、ある年の三月、一度に三人の女の子を死なせてしまった両親の嘆きを慰めるために、村を挙げて供養をしたという故事があります。これが日本に伝わって来て、現在のようになったと言われています。日本にも、もともとこの日には子供連れで、野山で遊び、持ってきた紙雛に自分たちの汚れを託し、川に流すという風習がありました。「流し雛」といって、今でも残っている地方もあります。昔から、女の子には男の子にない、独特の華やかさがあります。少女が、年ごとに大人びていき、人生の春に向かって成長するさまを喜び、ここまで無事に育ってきたことに感謝しながら、家族みんなで雛壇の前で、ご馳走を食べ白酒を飲み将来の幸せを願うという趣旨で、「雛祭」として今でも受け継がれています。

啓蟄(けいちつ)

二十四節気のひとつで、今年は三月六日です。啓蟄は、「冬眠していた虫(蟄虫)が、陽気で暖かくなるにつれて穴からはいでる」の意で、春を告げる言葉です。月令に「蟄虫みな動き、戸を啓(ひら)きて、始め出づ。」と、あります。陰暦二月の節で、太陽の黄経が三百四十五度のときを言います。実際にはこの時期に虫の出始めるのは、我が国では、鹿児島県ぐらい温暖な土地でないと出始めません。

三寒四温(さんかんしおん)

冬から春にかけて寒い日が三日、その後に暖かい日が四日続くといったぐあいに、寒暖が繰り返される現象を三寒四温と呼びます。中国に由来される言葉で、朝鮮半島や中国東北部、華北地方では顕著に見受けられますが、日本ではそれほど規則正しい周期はないと言われています。

春の雪

この季節、太平洋側は冬型の気圧配置の安定している間は好天の日が続きます。これがくずれ本州の南岸を低気圧が通過し、そこに北からの寒気が吹き込むと、春に思わぬ大雪をもたらすことがあります。

薪能(たきぎのう)

春日神社の呪師(のろいじ)走りの能は十五日、春日本社殿前拝ノ屋で行われ、金春流による翁(おきな)が演じられます。呪師走りの名は、古い時代「薪能」の催しが、呪いの手によって、行われていたことに由来するものと思われます。興福寺南大門の能は、十四、十五日両日、南大門の、俗に「般若(はんにゃ)の芝」と呼ばれる庭上に敷舞台を置き、四方にかがり火を焚いて、午後二時ごろから午後九時ごろまで、金春、金剛、観世、室生の四座が能三番、狂言二番(狂言は大蔵流)程度の番組を演能します。舞台正面の南大門基壇には興福寺衆徒の姿にやつした人が参加して往時をしのばせます。

菜種梅雨(なたねづゆ)

三月中旬から四月にかけて、菜の花が咲き始めるころ、雨になったり霧がかかったりして、ぐずついた天気になることがあります。これを菜種梅雨、もしくは春霖(しゅんりん)と呼びます。霖とは長雨のことをさしますが、このころの長雨は、夏前の梅雨ほどのうっとうしさは感じられません。

彼岸入り

「暑さ寒さも彼岸まで」といい、この頃からいよいよ春めいて暖かくなります。春分、秋分の日を真中として前後の七日間が彼岸です。彼岸は、正しくは「彼岸会」(ひがんえ)と称して、お彼岸団子やぼた餅をこしらえて仏様に供え、お寺や祖先のお墓参りを致します。一説によりますと、大阪の四天王寺の西門に、聖徳太子直筆といわれる額があります。この西門は極楽の東に対しているといわれ、彼岸には日没の光がこの華表 (とりい)を照らします。それでここに集まって落日を拝む風習ができました。これが「彼岸会」の始まりと言われています。

春分の日(三月二十一日)

二十四節気の一つで、自然をたたえ、生き物を厳しむ日とされています。戦前は、春季皇霊祭とよばれていました。この日をはさんで七日間が、お彼岸と呼ばれ、春分の日は「彼岸の中日」にあたります。太陽の中心が春分点の上に来たときを言い、昼夜の長さが等しく、太陽は真東から昇り、真西に沈みます。季節の変わり目として昔から親しまれ、関心をもたれている日でもあります。

桜前線(さくらぜんせん)

南北に長く、地形の複雑な日本列島は、各地で同じ花が咲く日に、ずれが生じます。日本人の花とも言われる桜は、特に開花日が顕著に表れます。桜の花が咲き始める日の同じ地点を結んだ線を「桜前線」と呼び、これが北上して各地に春が告げられるといわれています。

桜まじ

桜の花が咲く頃に、暖かくやわらかい南風が吹くことがあります。「まじ」とは、広島県など瀬戸内海沿岸や宮崎県などに残る言葉で、「南」または「南よりの風」のことを言います。「まじ」がふくと、ほころびかけていた桜が一夜にして開花することがあり、「春は三月、桜まじ」といわれ、喜ばれているそうです。

花ぐもり

三月から四月にかけて桜の花が咲く頃は、冬と夏の季節風の変わり目で、曇りがちの日が多く見受けられます。空が薄く曇り春の花々がかすんで見える状態であっても、日本人はそこに美を見い出し「花ぐもり」と称しました。桜の名所、吉野山の景色は「照らず降らずの花ぐもり」と歌われました。

山桜 かすみの間より ほのかにも 見てし人こそ 恋しかりけり【古今和歌集、 紀貫之 ( きのつらゆき ) 】歌意は「山桜をかすみの間から見るように、ほのかに見かけた人が恋しいことである。」となります。

角島の 瀬戸のわかめは 人のむた 荒かりしかど 我とは 和海藻 ( にきめ )

【万葉集、巻十六、作者不詳】角島は山口県の島で、「和海藻」は柔らかで美味しい海藻のことを言いました。歌意は「角島で採れるワカメは、他の人にとってはよい感じのものではなっかたが、私にとっては優しく良い味のものであった。」となります。これは角島の娘は他の人に対しては扱いが良くなかったが、私には優しい娘であると言うことが詠まれています。瀬戸でワカメを採る海女の娘が、一見荒々しく情が無いように見えるが、私に対しては優しく愛しい娘であったと比喩しています。



Twitter

Welcome , today is 火曜日, 2017年12月12日