正式には聖護院大根と言います。

京都の久御山町で江戸時代から栽培されています。

肉質がきめ細やかで柔らかく炊いても煮崩れしにくくとろける様な口当たりが特徴です。

亀甲に剥いて柔らかく炊き二色のお味噌で召し上がっていただいています。