三島うど

DATE: 2019年2月26日


大阪の春を代表する野菜のひとつ三島うどです。

大阪府茨木市千提寺で江戸時代から作られており、栽培方法も昔ながらに稲藁で筵を作り自然発酵させて温度を上げて作られるそうで、かなりの手間隙と勘が必要で現在では1件の農家さんしか作っておられないそうです。

三島うどは、皮が薄くきめ細かで柔らかくみずみずしくて甘味と香りが際立っています。

皮をむいて生のまま召し上がっていただきますと、お口の中で春を感じていただけます。

 

Comments are closed.


Twitter

Welcome , today is 水曜日, 2019年3月20日